僕が歩いたホースボール記

ホースボールについて。ホースボールのおかげで気付けた事について。

25 窮すれば通ず

 

今、最高に良い状態と、その真逆の状態の、

両方の波が来てまして、

その真逆の状態の波が激しすぎて、

白目になる日々とお伝えしてましたが、

 

野国際乗馬クラブでお世話になってた先輩が、

その事を知って、一言、

『 窮すれば通ず 』と。

 

小学校の時の同級生が、

『ピンチはチャンス』と。

 

大学時代の後輩の子から、

『あの時こう言ってましたよね』と。

 

僕が1番最初に所属した乗馬クラブで、

僕がまだ軽速歩の練習をしてた時の事を知ってるお客さんから、

『こういう時こそ体調を整えて』と。

 

自分の青春だった乗馬クラブの会員さんから、

『応援してます』と。

 

ちなみに、

今回だけじゃなくて、

昔にその他の皆さんからいただいた言葉も覚えています。

 

応援されるに相応しい道徳的な行動も、

応援されないに相応しい不道徳な行動も、

どちらもありました。

 

道徳的な行動だけとれたらどんなけ最高やったかと、

思いますが、

やりたい事がめちゃくちゃ大きい割には、

実力が無さすぎて、

無理に無理を重ねて、結果、

『ろくでなし』やな。

と自分で思う行動も振り返って多々ありました。

 

若い人への模範になる日々もあれば、

若い人への反面教師になる日々もありました。

 

光だけに包まれたかったですが、

全然うまくいきませんでした。

 

でも、

生きてる間は、

進みます。



f:id:horseball:20200224031721j:image

 

今も振り返って、感動があります。

 

僕がホースボールで夢見てたどった道を、

今歩いてるメンバーがたどって、

僕がしてしまったミスは、

しないように誘導して、

僕より短期間で、

僕よりレベルの高い技術を身につけたメンバーをたくさん生んで、

より良い未来をつくったろうと思っています。

今の最高な瞬間は、

今まで得た知識や、技術が、

次の世代、

同じ目標に続いてくれる人、

困ってる人の

役に立ってる時です。

 

単純に最高やなと思います。


まだ世の中的にオモロイやんと思ってもらえる人数が少ないんやろうなと思いますが、
必ず、オモロイやんかと、

思ってもらえるものを作りますので、

より面白くなった暁には、改めて、

『 ホースボール 』をよろしくお願いいたします。

 

ワールドカップを目指すみんなの成長は著しく、

五月の新芽を見るような爽やかな気持ちになります。

 

2020年のワールドカップですが、

最高にオモロイもんを皆さんに提供したいと思います。

 

僕は僕が出来ることを。

僕に足りないところは、

秀でた人に教えてもらって、

だんだんと、スゲー人に囲まれて来ました。

 

集まってきたメンバーや、

メンターのバジガクの野口さん。

これから出逢う更なるメンバーにもめっちゃ

ワクワクしています。

 

天国と地獄はいつもここにあり。

 

がんばります。