僕が歩いたホースボール記

ホースボールについて。ホースボールのおかげで気付けた事について。

15 何歳でも

 

何歳になっても感動ってしますよね。

 

僕は小さいときにお父さんに連れていってもらった

キャンプとかゴジラの映画。

 

5才の時に、お父さんに仕事の出張のお土産に「 何がいい? 」と聞かれて「 ガンダムのガチャガチャ 」と言ったら、

本当に買ってきてくれた事。

 

大人がガンダムのガチャガチャするのめっちゃ恥ずかしかったやろうなあと、

今になって申し訳なく思いますが、

買ってきてくれたガチャガチャを開けて、

入ってた朱色の塩ビ人形は、欲しかったやつだったのですごく嬉しくて、今でもハッキリと思い出せます。

 

感動なんて言葉は当時知らなかったけど、

ふりかえって思い出せる感情は『 感動 』だったなと

ハッキリと思います。

 

そんな風に

みなさんそれぞれに

どんな年齢の時でも感動した事って、

たくさんあると思います。

 

僕は最近だと、やっぱりホースボールのお陰で波瀾万丈な生活を送らせてもらい、

めっちゃ感動することと、めっちゃ辛いことの狭間で、

生きていて、

めっちゃ辛いことの余波を食らった方には本当に申し訳ないですが、

その凹んだ分を、近い未来に感動してもらえる様な事を生み出したいと思っています。

 

現在、僕はやっぱりホースボールの事を、

『 なにがなんでも 』

『 どうにかこうにか 』

『 彼女と別れようが 』

やりたいと思いながら、

 

水が流れるしかない方向に流れて

海にたどり着く様に、

 

『 馬事学院 』さんにたどり着きました。

 

もちろん、今までお世話になった乗馬施設さんも、

どこも全部めっちゃ良いところでした!

それは間違いないので、

しっかりここに書き記しておきます。

 

改めて現在、お世話になっている

この『 馬事学院 』さん。

 

代表の野口さんは僕が知らないだけで

テレビ番組『 情熱大陸 』に

出たことあるんちゃうかなというくらい、

『 情熱 』のある人です。

 

エネルギーが半端なく、

いつ休んだはるんかな?

と思うくらいに、

 

朝から

自らどんどん生徒さんのレッスンをしつつ、

馬を調教しつつ、

競走馬の当歳馬の鞍付けをしつつ、

夕方に日が暮れる直前まで生徒さんにレッスンをし、

日が沈んでからも、

 

僕らホースボールの練習が円滑に行くように

色んな調整や、技術向上のためのアドバイスをしてくださいます!


f:id:horseball:20200121230833j:image

 

持ってる技術を出し惜しみせず、

どんどん共有して、

馬事学院にいる全ての人のレベルを底上げする事を徹底しておられるので、

 

生徒さんが得られる経験が半端なく、

先生のレベルも一律で高く、

ホースボールのために日々技術を磨くメンバーも、

なるほどと目からウロコの事が多く、

 

僕にとっては

「 バジガクさんてディズニーリゾートやなあ 」と

いつも勝手に思っています。


f:id:horseball:20200121230620j:image

 

僕はディズニーランドはあんまり興味はないのですが、

馬事学院さんに、いてる時は、

たぶんディズニーリゾートで過ごす女子と

同じ感情になっていると思います。

 

それくらいワクワクしています!

 

最近気づいたのは、

写真の木馬。

競馬のモンキースタイルの騎乗練習のための器具ですが、

実は普通に乗馬をするために必要な筋肉と、バランスが

めちゃくちゃしっかり鍛えられるということに気がつきました。

 

お尻の筋肉と、背筋、ふくらはぎ、足のフットの部分周り、太もも、その他モロモロが鍛えられるという

 

腹筋も腸腰筋もプラスアルファの動きを加えると鍛えられるという

 

乗馬クラブにも絶対においた方が良いと心底思えた

『木馬』

 

僕は馬事学院さんの『 多様性 』から、

現在色々と学びつつ、日本のホースボールプレーヤーを

2024年のワールドカップで「え、結構強いやん。」

2028年のワールドカップで「え、めっちゃ最強やん。」と、

世界から思ってもらえる様にしたいと

ワクワクしています。

 

早く、もっともっとホースボールプレーヤーの練習に

全てを集中できるくらいに、稼ぎたいと思います。

 

そうして、

ホースボールの調教を馬にしまくり、

ホースボールの調教が出来た馬に乗って、

人に練習しまくってもらい、

紅白戦をしまくり、

遠征に行くか、

海外の代表チームを呼んで、

例えば、日本対アルゼンチン とか、

日本対フランスとか、

とにかく呼びたい国はどこでも呼べるので、

 

稼いで稼いでホースボールで世界をオモシロくしたいと思っています。

 

やっぱり何歳になっても、

今まで知らなかった事や

出来なかった事を

知ったり、出来たりする様になるのって

『 感動 』しますよね。

 

そのためにも

野口さんの情熱に感化されながら、

僕らホースボール組も、

更なるレベルアップをしていくので、

応援よろしくお願いいたします!

 

そしてバジガク(馬事学院)さんの取り組みも

是非是非チェックしてみてください!

(@bajigakuin)さんをチェックしよう https://twitter.com/bajigakuin?s=09

14 アタマの中で

 

過去に見た景色。

その時は実際じゃなくて、

ただ、僕の頭の中に浮かんでいた光景で、

 

いつか日本で

ホースボールプレーヤーが集まったカッコイイ集団を作ると夢みていた。

 

といっても実力はこれからみんなで磨きます。

 

僕は、

めっちゃ誉められる長所も多々あるけど、

その分、全然ダメダメな短所も多々ある。

 

人としてめっちゃ誉められるのと同時に、

人としてどうなんかと首をかしげられる行動の時もある。

 

その両極端な性格で、

今まで色んな乗馬クラブや乗馬クラブ以外の職場で、

周りの人達に

『 大きな喜び 』と、『 大きなまじで? 』をたくさん生み出したこの瞬間より過去がある。

 

そして、去年の年末に、

35年間で1番の窮地に陥り、

それから2週間も経たない内に、

過去に見た夢の中の景色が目の前に現れた。

 

まだまだこれからだけどスタートは切れた。

やっと切れた。

といっても

何度目の再スタートなんやろうか。

 

振り替えると、

決してどんなに何があっても、

どんなけ色んな人に何を言われても

破産してでもやりたいし

作りたいと思っていた光景のはじまり。


f:id:horseball:20200115233714j:image


f:id:horseball:20200115233859j:image


f:id:horseball:20200115234312j:image

11日~13日に馬事学院さんで行わせていただいた

ホースボールレッスンには毎日キャパ越えで

みなさんに参加してもらえて、

遠くは四国の香川県から来ていただいたりしました。

 

まだまだ頭の中には、

昔見たたくさんの景色が、

これから本当になるのを待っています。

 

僕がアタマのなかで見た景色、

本当になったらみなさんもめっちゃオモシロイと思います。

 

「 50年以上先まで日本で絶対に無理 」

「 タカシが生きてる間に日本で絶対に出来ひんで 」と、

たくさんの乗馬に関わる人から言われたホースボール。

 

それから10年が経ち、

2020年、ワールドカップに挑戦してよいというチャンスに恵まれるまで来れました。

 

遠く離れてる両親や姉妹には、

最大限の迷惑をかけているので、

今の状態が落ち着いたときに、

良い女性に出逢っていたら結婚しますというのと、

ホースボールは生まれてきた理由やから、

言いたい事はあると思いますが、

もうちょい続けさせて頂きます。

というのを改めて宣言し。

 

そして、

ここまで来るのに

良いときもそうでないときも、

関わってくださった乗馬クラブさんのお陰様であり、

更に

現在、色々な提供をして下さっている

『 馬事学院 』さんのお陰様です。

本当に、ありがとうございます!

 

馬事学院さんが日常でされている内容は、

『 馬事学院 』さんのツイッターで色々と分かりやすく知れます。

 

馬事学院(高校/専門学校)の裏舞台‼️😳引退馬支援を通じ新しい人を教育の場を!👧👨🏫バジガク (@bajigakuin)さんをチェックしよう https://twitter.com/bajigakuin?s=09

 

競争引退馬のリトレーニングで乗馬を作ったり、

たくさんの殺処分されそうなサラブレッドを、

手術をしたりあの手この手で救ってこられました。

 

馬事学院さんで今回お借りした馬も、

引退馬のリトレーニングや、足の蹄が良くなくて普通なら肉馬にされそうな馬をリトレーニングによって、

ホースボールの練習がスグに出来るまでに、

育て上げられていました。

 

馬事学院さんの取り組みがもっともっと世に知られて、

馬事学院さんのノウハウでリトレーニング後のサラブレッドが世の中に出ていくと、

引退馬の生きる道がめちゃくちゃたくさん増えると思っています。

 

ホースボールのチームのメンバーも

「 バジガクさんかなりオモロイっすね! 」

と馬事学院という場所にもハマっている様子。

 

これからです。

 

みんなでレベルアップしていくので、

2020年、よろしくお願いいたします🙌

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13 夢の途中


f:id:horseball:20200104215926j:image

明けましておめでとうございます。

 

このフィールド。

ちなみにイギリスの、

マシュー・ワシントンの持つホースボールのフィールドです。

期待した方、すいません🙏

 

ホースボールのフィールドを見ると、

馬に跨(また)がり、

ボールをピックアップ(ラ・マッサージュ)して、

ゴールにシュートする練習がしたくなります。

 

馬が自分の思った通りに走ってくれる感動と、

更に、ホースボールを楽しむための基本的な技術が体に宿っている事。

 

それを得るために、かかった道のり。

 

ホースボールって練習が出来るだけでも感動するんですよね。

 

①ボールを扱うのに耐性のある馬を用意し、

②場所を用意し、

③ホースボールを出来る技術を用意する。

 

この3つを揃える事に、今まで本当に色々とありました。

 

僕が「ホースボールしてえ」と心底思ってた10年前。

本当に色々とありましたが、

ようやく、

僕が望んだ未来が少しずつ近づいてきました。

 

僕がしたいと思った様に、

「めっちゃホースボールしたい!」と思ってくれた

メンバーにそういう場面を、

作ってあげられる事には満足しつつ、

改めて始まったばかりなので、

もっともっとより良い

めっちゃオモシロイ練習が出来るように、

色んな物事を整えたいと思っています。

 

1月の11、12、13日に

ホースボールレッスンを開催します。

協力してくださる施設や代表の方には本当に感謝です!

 

また公開出来たら紹介したいと思っています。

 

マシューのフィールドみたいな、シンプルで十分な、

こんなフィールドをちゃんと用意したいと思いますので、楽しみにしておいてください!

 

今はまだ発展途上です。

 

2020年

オリンピックが終わってから1週間後の夏、

ホースボールのワールドカップがあります。

どんな状態で挑めるかはまだ未知ですが、

 

最高にオモシロイ年にしたいと思います。

 

 

今年もよろしくお願いいたします!


f:id:horseball:20200104222002j:image

※写真はイギリスの

マシュー・ワシントンの持つフィールドです(笑)

 

 

12 ありがとうございます

2019年、色々と変化の多い年内で

波瀾万丈でした。

たくさんの変化があり、

厩舎は4ヶ所もお世話になりました。


2020年は、『 切磋琢磨 』

20後半~30代の大人組と

10代後半のユース組が

どちらも切磋琢磨する良い関係になるんではないかなと感じる締めくくりが出来ました。


個人的には限界な部分も多すぎる1年で、

いつでも色んな意味で倒れそうで、

色んな意味で

泣くに泣けない泣いてる場合じゃないけど

泣きたい泣ける瞬間だらけでした。 


映画を観てると、

そんなにピンチな事連続で起きるわけないやん。と思っていましたが、

現実世界でしかも、実際に自分に連続で起き続けると、

もう周りに頼るしかない状況もめちゃくちゃたくさん出ました。


知ってる人は知っている。

迷惑をかけた人には本当に申し訳ないですが、

水は流れたい方に進むのではなく、流れるしかない方向に水は流れていくという事を改めて感じました。


ホースボールを広げようとする上で負った個人的な色々を置いておけば、

ホースボール的にはかなり良い方向に進めたと感じています。


これからも、波瀾万丈になるのは間違いなく、
その中で、ホースボールをやりたいと、

今集まってくれてるメンバーの中で、

たとえ誰かが離脱しても、
責めません。


少しでも同じ夢を見て一緒に進んだ事実を、
良き思い出として進ませていただきます。


皆さんのおかげで、
こうしたいという夢が、

みんなのものに成ってきました。

2019年の今年は本当にありがとうございました。


2020年は世界で一番オモシロイ集団に成ります。


では良いお年を!


11 Coppa Italia イタリアカップ

 

日本でやるなら

ジャパンカップ 』でしょうか。

それか

『 日本杯 』

でも、どっちもなんかしっくり来ないので、

また出来るくらい日本で普及したらその時にみんなで考えます!

 

そしてつい先日、

イタリアで

コパイタリアと呼ばれる大会が開かれ、

 

2016年のワールドカップで活躍したメンバーと新星が活躍したリオ・ターヴォというチームが優勝しました。

 


f:id:horseball:20191221180700j:image

 

一時期、ケガでホースボール辞めるかもと言ってた

ルカ・ディマルコ(イケメンの人気選手)も活躍してて、

たぶん日本人の女性はめっちゃファンがつくやろなあと思いながら、

もうプレーしないと思ってたので復帰してたことが

めちゃくちゃ嬉しかったです!
写真載せてもいい?と聞くと、

みんな「いいよ!」と言ってたのと、

「 ブログに載せるなら写真にタグ付けしといて! 」と言われたのですが、

ブログでのタグ付けの

やり方がよく分からないので、

 

Luca Di Marco

Nadir Radwan

Alessio Cilli

Massimiliano Soresi

 


f:id:horseball:20191221180721j:image

 

フェイスブックやインスタグラムで検索して、

フォローしてみてください!

 

2020年のワールドカップにも

きっとみんなイタリア代表で出てくると思うので

是非チェックを!

 

チェックしておくと、

ワールドカップを観るのがより面白くなると思います👍