僕が歩いたホースボール記

ホースボールについて。ホースボールのおかげで気付けた事について。

15 何歳でも

 

何歳になっても感動ってしますよね。

 

僕は小さいときにお父さんに連れていってもらった

キャンプとかゴジラの映画。

 

5才の時に、お父さんに仕事の出張のお土産に「 何がいい? 」と聞かれて「 ガンダムのガチャガチャ 」と言ったら、

本当に買ってきてくれた事。

 

大人がガンダムのガチャガチャするのめっちゃ恥ずかしかったやろうなあと、

今になって申し訳なく思いますが、

買ってきてくれたガチャガチャを開けて、

入ってた朱色の塩ビ人形は、欲しかったやつだったのですごく嬉しくて、今でもハッキリと思い出せます。

 

感動なんて言葉は当時知らなかったけど、

ふりかえって思い出せる感情は『 感動 』だったなと、いつも思います。

 

そんな風に

みなさんそれぞれに

どんな年齢の時でも感動した事って、

たくさんあると思います。

 

僕は最近だと、やっぱりホースボールのお陰で波瀾万丈な生活を送らせてもらい、

めっちゃ感動することと、めっちゃ辛いことの狭間で、

生きていて、

めっちゃ辛いことの余波を食らった方には本当に申し訳ないですが、

その凹んだ分を、近い未来に感動してもらえる様な事を生み出したいと思っています。

 

現在、僕はやっぱりホースボールの事を、

『 なにがなんでも 』

『 どうにかこうにか 』

『 彼女と別れようが 』

やりたいと思いながら、

 

水が流れるしかない方向に流れて

海にたどり着く様に、

 

『 馬事学院 』さんにたどり着きました。

 

もちろん、今までお世話になった乗馬施設さんも、

どこも全部めっちゃ良いところでした!

それは間違いないので、

しっかりここに書き記しておきます。

 

改めて現在、お世話になっている

この『 馬事学院 』さん。

 

代表の野口さんは僕が知らないだけで

テレビ番組『 情熱大陸 』に

出たことあるんちゃうかなというくらい、

『 情熱 』のある人です。

 

エネルギーが半端なく、

いつ休んだはるんかな?

と思うくらいに、

 

朝から

自らどんどん生徒さんのレッスンをしつつ、

馬を調教しつつ、

競走馬の当歳馬の鞍付けをしつつ、

夕方に日が暮れる直前まで生徒さんにレッスンをし、

日が沈んでからも、

 

僕らホースボールの練習が円滑に行くように

色んな調整や、技術向上のためのアドバイスをしてくださいます!


f:id:horseball:20200121230833j:image

 

持ってる技術を出し惜しみせず、

どんどん共有して、

馬事学院にいる全ての人のレベルを底上げする事を徹底しておられるので、

 

生徒さんが得られる経験が半端なく、

先生のレベルも一律で高く、

ホースボールのために日々技術を磨くメンバーも、

なるほどと目からウロコの事が多く、

 

僕にとっては

「 バジガクさんてディズニーリゾートやなあ 」と

いつも勝手に思っています。


f:id:horseball:20200121230620j:image

 

僕はディズニーランドはあんまり興味はないのですが、

馬事学院さんに、いてる時は、

たぶんディズニーリゾートで過ごす女子と

同じ感情になっていると思います。

 

それくらいワクワクしています!

 

最近気づいたのは、

写真の木馬。

競馬のモンキースタイルの騎乗練習のための器具ですが、

実は普通に乗馬をするために必要な筋肉と、バランスが

めちゃくちゃしっかり鍛えられるということに気がつきました。

 

お尻の筋肉と、背筋、ふくらはぎ、足のフットの部分周り、太もも、その他モロモロが鍛えられるという

 

腹筋も腸腰筋もプラスアルファの動きを加えると鍛えられるという

 

乗馬クラブにも絶対においた方が良いと心底思えた

『木馬』

 

僕は馬事学院さんの『 多様性 』から、

現在色々と学びつつ、日本のホースボールプレーヤーを

2024年のワールドカップで「え、結構強いやん。」

2028年のワールドカップで「え、めっちゃ最強やん。」と、

世界から思ってもらえる様にしたいと

ワクワクしています。

 

早く、もっともっとホースボールプレーヤーの練習に

全てを集中できるくらいに、稼ぎたいと思います。

 

そうして、

ホースボールの調教を馬にしまくり、

ホースボールの調教が出来た馬に乗って、

人に練習しまくってもらい、

紅白戦をしまくり、

遠征に行くか、

海外の代表チームを呼んで、

例えば、日本対アルゼンチン とか、

日本対フランスとか、

とにかく呼びたい国はどこでも呼べるので、

 

稼いで稼いでホースボールで世界をオモシロくしたいと思っています。

 

やっぱり何歳になっても、

今まで知らなかった事や

出来なかった事を

知ったり、出来たりする様になるのって

『 感動 』しますよね。

 

そのためにも

野口さんの情熱に感化されながら、

僕らホースボール組も、

更なるレベルアップをしていくので、

応援よろしくお願いいたします!

 

そしてバジガク(馬事学院)さんの取り組みも

是非是非チェックしてみてください!

(@bajigakuin)さんをチェックしよう https://twitter.com/bajigakuin?s=09