僕が歩いたホースボール記

ホースボールについて。ホースボールのおかげで気付けた事について。

19 いつも盛り上げるチーム

 

彼らが試合に出てくると、いつも会場がドッカンドッカン!

と盛り上がる。

 

そんなチームがあります。

 

それはホースボールのアルゼンチン代表チームです。

 

ホースボールの元になったスポーツ

『 パト 』を国技とする国アルゼンチン。

 

ガウチョ(アルゼンチン版カウボーイ)や

パタゴニア大自然

メンドーサのワイン畑やワイナリー

馬で走り放題の、どこまでも続く平原。

あのノリ。

たぶん晴れた日に、

「 馬に乗ってキャンプ行こう 」

って言ったら

「 いいね! 」と言って、

いきなり冒険が始まりそうな、

そんなワクワクする国アルゼンチン。

 

f:id:horseball:20200204213105j:plain

 

彼らは普段、アルゼンチンの国技であるパトの選手として生活していて、

そのパトとホースボールは

サッカーとフットサルくらい違いがあるので、

パトを国技とする国ですが、

ホースボールのワールドカップだと真ん中くらいの成績でフィニッシュしますが、

必ず大会を盛り上げて、

颯爽とアルゼンチンに帰っていきます。

 

彼らの魅力は、パト特有の

ボールにかなりのスピンをかけて投げる『ワンハンドパス』や『ワンハンドシュート』に加えて、

 

f:id:horseball:20200204213025j:plain

 

情熱がむき出しのプレーです!

 

サッカーで昔のアルゼンチンの選手でしか例えられなくて申し訳ないのですが、

バティストゥータとか

シメオネとか

ガジャルドとか

オルテガとか

上手いんだけど、

それプラスで気持ちの熱さが漏れ伝わってくる

あの独特の雰囲気。

 

もっと言えば、

マラドーナっぽい雰囲気をみんな少しずつ

身にまとっているので、

試合中にドヤ顔でガッツポーズなんか

された時には、

観客はめちゃくちゃ沸きます。

 

そんな彼らの国民性が

脳科学の分野で研究されて

 

f:id:horseball:20200204214310j:plain

 

判明した

聞いて納得の国民性

 

『チャレンジこそが、

生きる意味!』

 

という

 

日本の

『失敗しないことが

まず第一!』

 

というものと

国民性的にも、

地球の真反対側に位置する

という地理的にも、

 

『 真逆 』という未知の魅力に溢れた

アルゼンチン共和国

 

2020年のワールドカップ

個人的に一番対戦してみたい国なのが、

彼らです。

 

2016年、彼らと喋った言葉は、

「グラシアス!」と「アミーゴ!」

の2単語でしたが、

大会期間中に、その2単語だけでなぜか盛り上がっていたので、

 

ある日

遠くからアミーゴ!と聞こえて振り向くと彼らが笑顔で手を振ってくれていて、

 

今思い出しても

「そら愛されるよなあ(笑)」

という屈託のなさと、

素晴らしい愛嬌のある人間性が印象的なアルゼンチン代表の彼らです。

 

とりあえず、

ワールドカップを現地に観戦しに行く予定の方も、

アルゼンチン代表を楽しみにしておいてくださいね!

 

会場では普通に会えるので(笑)

 

ちなみに、

パトで10starの選手

(星が10個与えられている日本の相撲でいうと『横綱』クラスの選手)

達なので、

お国が変われば国技の選手の雰囲気も変わっていると知れて

めっちゃ面白いなと思います🙌

 

ちなみに、

ホースボールでは

試合とか大会のレベルが

1star~5star まで分けられていて、

ポロやパトの様な

選手個人にはスター制というのは導入されていません。

 

 

2016年のワールドカップで、

パブロ・セゴビアから

スペイン語で書かれた一言の手紙をもらい、

本当に何言ってるのかは分かりませんでしたが(笑)

手紙の一言をグーグル翻訳したら、

「 この一時で、永遠に友達 」

という事が書いてあり、

お金と時間に余裕が作れたら

絶対に行きたいなと思いました!

 

友達になるのは、

言葉が通じなくても

大丈夫やと、知れました。

 

でも

言葉があるともっと良いと思いますが(笑)

 

広い土地で暮らす人達特有の、

大陸気質というか、

やっぱり心が広いなと思います。

 
皆さんもお楽しみに!
 
ではまたー🙌
 

18 睡眠も

 

どんなことでも、最高のパフォーマンスを出すなら、

『 食事 』と同様、

『 睡眠 』も大事ですよね。

 

2014年にポルトガルに行ったときに痛烈に感じたのは、ベッドのマットレスによっては

毎朝、起きたときにカラダが痛いということ。

 

帰国してから

 

なんか良いのないかなあと、

思っていたときに見つけたのが

東京西川さんの

AiR  PORTABLE 』

https://www.airsleep.jp/lineup/portable.html

 

これがめちゃくちゃ良くて。

 

まず、寝て起きた時にカラダが痛いっていうのが、

一切なくなりました!

 

僕が買ったのは、

『 エアーポータブルモバイルマットスリム 』


f:id:horseball:20200204202214j:image

 

で、

2016年のポルトガル滞在は、

これ無しでは、めっちゃ辛かったやろうなあと

振り返って心底思っています。

 

購入してからは

車での長距離移動で、車中で寝るときも、

海外遠征でも、

もちろん

日本での毎日にも、

 

普通にきのうも今日もこのマットを敷いて寝てます。

 

ということで、

なくてはならない存在の

東京西川さんのエアーのマット。

 

8月のワールドカップには

チーム全体で

プレーヤーも帯同メンバーにも、

使ってもらいたいと思っています!

 

というより、

なんなら現地で向こうの選手にも対面販売でもしたいなと思うくらい

めっちゃ良い商品です。

 

普通に板の間にこれ1枚を敷き布団として、

全然余裕で使えますし、

カバー外したら洗えるので、

 

夏は

板の間に、エアーマット、タオルケット。

 

冬は

寒いので、

板の間、エアーマット、敷き布団、毛布、掛け布団

寝ていますが、

まだ使ってない人がいて、現状、寝て起きたらカラダがイタイところが出る人は、

買った方が良いですよ✋

 

と、

西川株式会社さんから何にももらってないですが、

ハッキリと言えます(笑)

 

『  この価格で、この睡眠。』

 

とりあえず、みなさん

なんか良いマットないかなあと思ったら、

1回エアーポータブル買って試してみてください。

 

ホントにどこでも使えるし、

急な来客用でも、使っていただければ、

めっちゃ喜ばれると思います。


f:id:horseball:20200204202335j:image

海外に持っていくときも、これくらいのカバーに入れて持っていくので、

得られる効果からするとめちゃくちゃコンパクトだと個人的には思っています。

 

以上、

やっぱり睡眠もめっちゃ大事という事で、

僕が使ってホンマに良かったと心底感じる商品の紹介でした✋

 

17 食べ物と乳酸菌

 

食べ物って大事ですよね!

 

今年のワールドカップには、

必ず日本食で体調を整えて勝負したいなと思っています!

 

馬にも与えるものでハッキリと体調が変化するのを、

今までたくさん見てきました。

 

ちなみに、

馬をキレッキレにするには

馬のごはんに日本人なら誰でも知ってる

普通に売ってる食品を混ぜると

キレッキレになります。

 

ちなみに、

御するのが大変になるので、

僕は食べさせませんが、

初めて知ったときに「へー!すごいな!」と思った事があります。

 

同じように人も、

食べるもので体調がハッキリと変えられるなと思います。

 

僕は、

今まで色んなサプリメント

料理で、

自分のカラダの動きやすさがどう変わるのかを、

自分のカラダを使って、色々と試してきました。

 

乗馬クラブで働いてるときや、

一定のリズムの生活になっているときは、

自分で把握しやすいので、

3ヶ月くらいの単位でひとつひとつ試して、

とても楽しかったです。

 

ちなみに、

ヨーロッパのごはんは個人的には、

エネルギーが循環しないこと(消化にエネルギーをとられ過ぎるのか、カラダのキレが失われる。)。

 

カラダの調子が60パーセントくらいにしかもっていけない(慢性的にダルさがある)。

 

という事が起きていました。

 

乳製品も美味しいですし、

ヨーロッパのごはんは食べてる時は良いのですが、

動く時には

『動けなくはないが万全にどうしてももっていけない。』

『すぐに疲れる』

といった事に悩んでいました。

 

2回目にポルトガルに住んだときには、

日本の調味料をたくさん持っていき、

ごはんと味噌汁と、現地の食材を、

日本の調味料で調理していました。

 

そうすると、

格段に違いが感じられました。

 

日本食は、

食べ物のエネルギーへの変化へのスムーズさと

エネルギーの持続性の良さと、

エネルギーの上下の幅の少なさが

個人的には感じられ、

2016年には「 日本食を食べれるかどうかで勝負出来るかどうかが決まるなあ 」と

ハッキリと思いました。

 

2016年は3ヶ月滞在で、2か月目で調味料がなくなって、そのあとはヨーロッパごはんに切り替えてから、

体調の下降度がハッキリ感じられたのと、

2018年は、良い結果(チームスポーツなので)とは裏腹に、

僕個人は体調面では全然整ってなかったので、

2020年はなにがなんでも日本食をと思っています。

 

『乳酸菌』も良い良いといわれますが、

自分に合った『 乳酸菌 』が見つからず、

ヨーグルトとか乳製品からとれるものだと、

変化に全然気づけないのですが、

『漬け物』だと結構ハッキリと体調の良さが出たり、

 

日本の

『 発酵食品 』無しでは戦えないなあと、

思う今日この頃。

 

今年の8月のワールドカップの期間中には、

この4年間でのヨーロッパでの食での経験を生かして、

日本人が動けるカラダを食でサポートするのが必須だなと感じています。

 

まあ、外国の選手を見ていると、

日本人だから日本食をカラダが消化しやすくて、

エネルギーに変えたりしやすいんやろうなと思ったりします。

 

向こうの人は、向こうのごはんでバンバン戦ってるので。

 

ちなみに、馬に発酵飼料をあげると体調が良い時の動きが多くなります!

絶対ってわけではないですが。

「これ結構効いてるんちゃうの?」

という変化は馬に出てきます。

 

個人的には

この2日間で新たに自分に合ってる『 乳酸菌 』を見つけたので、

体調がかなり良く、継続的にちゃんと接種出来るようにがんばります✋

 

皆さんも自分に合ってるごはんとか、

『乳酸菌』あったらまた教えてください!

 

ではまたー

2020.02.02

この日のブログが20項目になるように書けば良かったなと、

今デジタル表記のカレンダーを見て思いましたが、

今日も、

今年の8月に新たな歴史を作るために、

ホースボールのプレーヤーコースのメンバーは、

せっせと乗馬技術の向上のために、東京から

千葉の八街まで来てくれました。


f:id:horseball:20200202233707j:image

 

通勤も仕事も全て、馬上の人となり

進められれば最高ですが、そうはいかなくても、

少しでもたくさん乗って、

たくさんの経験をし、

先生からも年下の先輩からも、たくさん話を聞いて

レーニングに励むメンバーの成長を

見るのは非常に楽しいです!

 


f:id:horseball:20200202234442j:image

 

レーニングを重ね、

そしてすかさず

 


f:id:horseball:20200202234717j:image


たんぱく質を摂取するのは

ダンバラ選手(日本人です)。

 

減量しつつ筋肉を鍛え上げ、

水泳に通い、

そこでも馬に乗るための筋肉を鍛え上げるための泳法をとり、

食事制限をし、

他にもまたそのうち書くと思いますが、

色々と思いつく限りのアイデアでトレーニングをこなすメンバーの一人です!

 

みんな東京から来てくれているのですが

目一杯トレーニングに励んでくれるので、

帰りの駅までの車で送迎の間、

気がついたらみんな寝てしまってるのが、

最近の僕の1番嬉しい時間となっています。

 

色々と進む

2020.02.02

夏たのしみやなあ。

と思う1日でした!

 

 

 

15 何歳でも

 

何歳になっても感動ってしますよね。

 

僕は小さいときにお父さんに連れていってもらった

キャンプとかゴジラの映画。

 

5才の時に、お父さんに仕事の出張のお土産に「 何がいい? 」と聞かれて「 ガンダムのガチャガチャ 」と言ったら、

本当に買ってきてくれた事。

 

大人がガンダムのガチャガチャするのめっちゃ恥ずかしかったやろうなあと、

今になって申し訳なく思いますが、

買ってきてくれたガチャガチャを開けて、

入ってた朱色の塩ビ人形は、欲しかったやつだったのですごく嬉しくて、今でもハッキリと思い出せます。

 

感動なんて言葉は当時知らなかったけど、

ふりかえって思い出せる感情は『 感動 』だったなと

ハッキリと思います。

 

そんな風に

みなさんそれぞれに

どんな年齢の時でも感動した事って、

たくさんあると思います。

 

僕は最近だと、やっぱりホースボールのお陰で波瀾万丈な生活を送らせてもらい、

めっちゃ感動することと、めっちゃ辛いことの狭間で、

生きていて、

めっちゃ辛いことの余波を食らった方には本当に申し訳ないですが、

その凹んだ分を、近い未来に感動してもらえる様な事を生み出したいと思っています。

 

現在、僕はやっぱりホースボールの事を、

『 なにがなんでも 』

『 どうにかこうにか 』

『 彼女と別れようが 』

やりたいと思いながら、

 

水が流れるしかない方向に流れて

海にたどり着く様に、

 

『 馬事学院 』さんにたどり着きました。

 

もちろん、今までお世話になった乗馬施設さんも、

どこも全部めっちゃ良いところでした!

それは間違いないので、

しっかりここに書き記しておきます。

 

改めて現在、お世話になっている

この『 馬事学院 』さん。

 

代表の野口さんは僕が知らないだけで

テレビ番組『 情熱大陸 』に

出たことあるんちゃうかなというくらい、

『 情熱 』のある人です。

 

エネルギーが半端なく、

いつ休んだはるんかな?

と思うくらいに、

 

朝から

自らどんどん生徒さんのレッスンをしつつ、

馬を調教しつつ、

競走馬の当歳馬の鞍付けをしつつ、

夕方に日が暮れる直前まで生徒さんにレッスンをし、

日が沈んでからも、

 

僕らホースボールの練習が円滑に行くように

色んな調整や、技術向上のためのアドバイスをしてくださいます!


f:id:horseball:20200121230833j:image

 

持ってる技術を出し惜しみせず、

どんどん共有して、

馬事学院にいる全ての人のレベルを底上げする事を徹底しておられるので、

 

生徒さんが得られる経験が半端なく、

先生のレベルも一律で高く、

ホースボールのために日々技術を磨くメンバーも、

なるほどと目からウロコの事が多く、

 

僕にとっては

「 バジガクさんてディズニーリゾートやなあ 」と

いつも勝手に思っています。


f:id:horseball:20200121230620j:image

 

僕はディズニーランドはあんまり興味はないのですが、

馬事学院さんに、いてる時は、

たぶんディズニーリゾートで過ごす女子と

同じ感情になっていると思います。

 

それくらいワクワクしています!

 

最近気づいたのは、

写真の木馬。

競馬のモンキースタイルの騎乗練習のための器具ですが、

実は普通に乗馬をするために必要な筋肉と、バランスが

めちゃくちゃしっかり鍛えられるということに気がつきました。

 

お尻の筋肉と、背筋、ふくらはぎ、足のフットの部分周り、太もも、その他モロモロが鍛えられるという

 

腹筋も腸腰筋もプラスアルファの動きを加えると鍛えられるという

 

乗馬クラブにも絶対においた方が良いと心底思えた

『木馬』

 

僕は馬事学院さんの『 多様性 』から、

現在色々と学びつつ、日本のホースボールプレーヤーを

2024年のワールドカップで「え、結構強いやん。」

2028年のワールドカップで「え、めっちゃ最強やん。」と、

世界から思ってもらえる様にしたいと

ワクワクしています。

 

早く、もっともっとホースボールプレーヤーの練習に

全てを集中できるくらいに、稼ぎたいと思います。

 

そうして、

ホースボールの調教を馬にしまくり、

ホースボールの調教が出来た馬に乗って、

人に練習しまくってもらい、

紅白戦をしまくり、

遠征に行くか、

海外の代表チームを呼んで、

例えば、日本対アルゼンチン とか、

日本対フランスとか、

とにかく呼びたい国はどこでも呼べるので、

 

稼いで稼いでホースボールで世界をオモシロくしたいと思っています。

 

やっぱり何歳になっても、

今まで知らなかった事や

出来なかった事を

知ったり、出来たりする様になるのって

『 感動 』しますよね。

 

そのためにも

野口さんの情熱に感化されながら、

僕らホースボール組も、

更なるレベルアップをしていくので、

応援よろしくお願いいたします!

 

そしてバジガク(馬事学院)さんの取り組みも

是非是非チェックしてみてください!

(@bajigakuin)さんをチェックしよう https://twitter.com/bajigakuin?s=09